あさひグループについて

あさひグループ方針

 人の支えや協力、目に見えない社会の仕組みなど、様々なつながりに助けられ生きていることを感じて感謝の心を育み、社会の一員であることの役割を担うこと。施設を利用するみなさんが、それぞれに持てる力を発揮し、自信を持って社会の中で暮らしていけるよう、地域の皆さまや社会とのつながりを大切に考えながら支援しております。
  あさひ共生会では障害をもつ利用者の方がいきいきと輝きをもって生活できるよううに、そして、社会との繋がりを少しずつでももてるようにと様々な場面づくりをしています。



あゆみ

 川口手をつなぐ親の会が活動の歩みの中で、知的障害をもつ人に日中活動の場が必要との積極的な働きかけにより、川口市で最初となる小規模作業所を設立しました。
 その後心身障害者地域デイケア施設となり、利用する人の希望が高まるにつれて設立してきた経緯があります。現在では、施設関係の運営を社会福祉法人あかぼり福祉会 あさひグループがしております。
川口手をつなぐ親の会が活動の歩みの中で、知的障害をもつ人に日中活動の場が必要との積極的な働きかけにより、川口市で最初となる小規模作業所を設立しました。その後心身障害者地域デイケア施設となり、利用する人の希望が高まるにつれて設立してきた経緯があります。現在では、施設関係の運営を特定非営利活動法人あさひ共生会がしております。

1960年(S.35)川口手をつなぐ親の会結成 主として障害児教育の充実を目指した活動 (特殊学級の増設、県立養護学校の設置)

1975年(S.50)通所施設の確保と充実を目指した活動 わかゆり学園(更生施設)の設置請願署名活動

1983年(S.58)心身障害者地域デイケア施設 あさひ福祉作業所設立運営開始 日中活動の場の不足を解決するため

1988年(S63)社会福祉法人あかぼり福祉会を設立 ゆりヶ丘学園設立

1990年(H.2)心身障害者地域デイケア施設 第2あさひ福祉作業所設立運営開始

1994年(H.6)福祉的就労の場、あさひリサイクル作業所運営開始

1997年(H.9)生活ホームあさひホーム設立運営開始 心身障害者地域デイケア設立 あさひあ~と設立運営開

1998年(H.10)心身障害者地域デイケア施設 夢工房さんらいず設立運営開始

2001年(H.13)心身障害者地域デイケア施設 エコポットあさひ設立運営開始

2004年(H.16)心身障害者地域デイケア施設 アトムハウス設立運営開始

2010年(H.21)障害者自立支援法に基づき事業移行(リサイクル作業所を除く)

あ さ ひ あ ~ と   (出張所 さんらいず)   生活訓練・就労継続支援B型

エコポットあさひ   (出張所 アトムハウス)   就労移行支援・就労継続支援B型

第2あさひ福祉作業所(出張所 あさひ福祉作業所)就労継続支援B型

2012年(H.23) あさひあ~と事業変更

生活介護・就労継続支援B型

あさひホーム事業移行

ケアホーム・グループホーム

2017年(H29) エコポットあさひ東領家四丁目に移転 出張所アトムハウス廃止